鹿児島県長島町は、国内最初のクラウドファンディングサービスであるREADYFOR株式会社とともに、現在制作している長島大陸映画「夕陽のあと(仮)」の公開に向けた、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングを開始しました。

クラウドファンディングで集まった寄附金は映画制作費、宣伝費、配給費として活用され、全国の劇場公開を目指します。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nagashimatairikuyuhinoato
期間:2019年1月15日まで

 

■目標金額1000万円

本企画では、全国劇場での公開をするための配給費を集めるために1000万円を目標金額としています。
期間は10月17日からスタートし、年末年始を挟む90日間で募集します。


■ガバメントクラウドファンディング(GCF)とは

財源不足に悩む地方自治体がプロジェクト実行者になり、インターネット上で不特定多数の人から資金を募るクラウドファンディングです。
GCFを通して選んだ自治体に寄附をすると、寄附した人の所得税と住民税から寄附金額に応じて一部が軽減される(控除される)制度です。
返礼品(ギフト)として特産物などが手元に届きますが、従来のふるさと納税よりも「応援」としての側面が強いことが特徴です。


■寄附者といっしょにつくる映画

このクラウドファンディングの返礼品では、寄附金額に応じて、
公開する映画のチケットや映画のエンドロールに記名をされるなど、リターンが直接映画と関係したものになっています。
また長島町の特産品やロケ地をまわる周遊ツアーなども返礼品に含まれています。

 

あたたかいご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。